添加物の有無

キャットフードに限った話ではないですが、ペット用の食材には、何かしらの添加物が含まれていることが多いです。中には「添加物とは言っても、特に何か大きな問題はないのでは」と感じる方も居るかもしれません。しかし、これこそが大きな間違いのもとです。添加物だらけのキャットフードは、愛猫にとっては百害あって一利なしでしょう。

今後キャットフードを購入することを検討しているのであれば、添加物の有無に関して確認することは必要不可欠です。普段あまり意識しないかもしれませんが、想像しただけでゾッとするような添加物が含まれているタイプもあります。酸化を防止するのが添加物の目的なのですが、これはガンを発するリスクも持っており、かなり危険です。とりわけエトキシキンと呼ばれている物質は、愛猫の健康を損なう可能性が高いことで有名。私たちがキャットフードを選ぶ際は、どうしても見かけのイメージに囚われてしまいがちですが、これが大きな落とし穴。保存料にしても着色料にしても、有害な添加物であることに変わりはありません。「弊社のキャットフードは安心ですよ」とメーカーが謳っているとしても、それを丸呑みにしないことが大切です。

愛猫の健康は、他の何にも変えることができません。だからこそ、添加物の有無を考慮することなく、ただ漫然とキャットフードを選ぶのだけは卒業しましょう。